ikechu’s 本棚

☆小説☆絵本☆脚本

orange③

朝ごはんの卵焼きを二口口にすると、まみやのフォークは止まった。
「なんだ、まみや。食わねえのか?」
「おなかいっぱい
 ごちそうさま。」
ほとんど食べてないまみやは、いつもの縁側でスターになにやら話しかけている。
「具合悪いのか?」
「んー。少し熱っぽいかもしれない」
まみやの体調はコロコロ変わる。あの頃は風邪1つ引いているのを見たことがなかったが、これも後遺症の1つなんだろうか。
「、、参ったな」
「ん?」
「今日に限って配達がやたら入ってるな
 朔ちゃんには店出てもらわないと行けねぇしな」
カレンダーを見ながら村さんが言った。
村さんが焼く満天のパンは街の人に人気で、定期的に配達の依頼が入る。
まみやの様子からして、熱は上がるだろう。
普段ならカフェや、テラスで遊んでいるけど、体調の変化に自分で気づけないまみやを1人に出来ない。
「あ!守っちゃん!」
突然のまみやの声と縁側に現れた人に私と村さんは顔を見合せ頷いた。


卵焼き、味噌汁、焼き魚と次々に美味しそうに食べていく。
「はーうまかった。」
ふにゃんと人を安心させる笑顔。
「で、一緒にいたらいいんだな?」
まみやを指差して守っちゃんは言った。
「うん。私もお店にはいるんだけど、1人にしておけなくて」
まみやが不思議な顔をした。
村さんが支度をしながらまみやの頭を撫でた。
「よかったなー!まみや。今日は守が遊んでくれるんだってよ」
「ほんと?守っちゃん」
「ほんとだよ」
「朔ちゃん!守っちゃんとお絵描き!」
はしゃぐまみやはスケッチブックを取りにいった。
「元気だな~」
目を細める守っちゃんは、満天近くのアパートに住むイラストレーターだ。
いつもシャツとジーンズという砕けた格好だからか、はたまた安心させる笑顔のせいかまみやはよくなついている。
村さんとも親交が深いらしく、ちょくちょくごはんを食べにくる。

カフェのテラスから見える砂浜でまみやと守っちゃんがカニを捕まえて遊んでいる。
厚着をさせたが、熱は上がってきているだろうな。
すっかりそんな母親のような事を考える自分に笑えた。

まみやがあの頃の記憶を失ってから
まみやが体調を崩してから
只生きてるだけでいい。
もういなくならないでほしい
と、そればかり願っているのは、母親のような心境なのかもしれない。